代表的な補助金の活用

  • もっと集客するためにホームページを作りたい!
  • ITツールを使って無駄な業務を減らしたい!
  • 新規事業のチャレンジするために設備投資したい!


今回は、そんな時に役に立つ補助金の紹介です。


毎年この時期になると公表される代表的な3つの補助金「小規模事業者持続化補助金」「IT導入補助金」「ものづくり補助金」(予算額計3,600億円!)は事業を運営していくうえで是非活用したい制度です。

とはいえ、補助金の説明は小難しくて理解するのに時間がかかるもの。
それぞれ補助金ごとの「目的・対象者・仕組み」と概要をまとめました。
自社の事業に合った補助金活用を検討してみてください。


3つの補助金の概要

補助金ものづくり補助金IT導入補助金小規模事業者
持続化補助金
用途・新事業の設備投資
・生産ラインの増強
・AI・IOT・RPAを導入
・経営状況の見える化
・IT導入による業務効率化
・ITで働き方改革を実現
・ホームページ
・チラシ・パンフレット
・展示会の出店
補助額100万円~1,000万円30万円~450万円最大50万円
補助率中小 2分の1
小規模 3分の2
2分の13分の2
対象中小企業中小企業小規模事業者




ものづくり補助金

補助額が最大1,000万円と大型補助金の一つであるものづくり補助金。目的は生産性の向上で、革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を行うための設備投資を支援する補助金です。

審査基準のポイント
技術面(取り組み内容の革新性、目標の明確さ、解決方法の優位性など)
事業化面(実施体制、市場ニーズ、スケジュール、費用対効果など)
政策面(地域への波及効果、ニッチトップとなる潜在性、環境配慮性など)

と公募要領には記載されており、きちんと計画を立てれば十分採択の可能性がある補助金です。

「今年から誰でも使いやすくなった」のは申請する側にとって嬉しいポイント。
必要書類が半分に減ったことや、100%電子申請になったこと、ルーキー優遇制度など、申請者の裾野を広げようとしてくれています。

事業を実施するための専門家経費(技術指導やコンサルティング)も補助対象なので、生産性向上のプロジェクトを立ち上げ、
現状把握➡環境分析➡課題抽出➡施策検討➡効果試算・比較➡計画作成
と事業全体を考えた設備導入計画を組むことが可能です。

1次公募は終了しており、現在2次公募を実施しています(4月1日現在)。
 2次公募:申請日 4月20日(月)~5月20日(木)

3次以降のスケジュールは未定ですが、今年度は約3ヶ月ごと5次公募まで予定されています。

ものづくり補助金のチラシはこちら




IT導入補助金

ITツールの導入はいまや業界を問わず課題となっているのではないでしょうか。
経営状況の見える化、業務効率化、働き方改革…、ITツールで解決に繋がることも多いですが、専門家による導入サポートも含めて補助してくれるのがIT導入補助金です。


小規模事業者を含む中小企業が対象者で、条件によって30万円~450万円、補助率は1/2となっています。
申請するのに「IT導入支援事業者」の支援が必要になります。補助金額の「条件によって」というのは、導入するITソフトの機能によっていくつか分類が分かれているためなのですが、こういった分かりづらい点もIT導入支援事業者のサポートを受けながら進めることができます。

ちなみに私はIT導入支援事業者登録はしていないので、ご相談いただいた場合は業務をお伺いした上で最適なIT支援事業者と連携しながら進めています。

1次公募は既に受付終了。2次公募以降についてはまだ発表されていません(4月1日現在)。

IT導入補助金のチラシはこちら




小規模事業者持続化補助金

従業員20人以下(商業・サービス業は5人以下)で、販路開拓に取り組むなら小規模事業者持続化補助金がおすすめです。

中小機構の資料では、補助金が採択された事業者のうち
なんと97.5%が客数増加96.0%が売上増加を実感しているということです。


この補助金は自社の商品・サービスを多くの人に知ってもらいたい、ブランド力を強化したいという事業者に向け、補助率2/3で最大50万円補助という内容です。
つまり75万円までの設備導入なら2/3補助、それ以上は50万円が上限ということです。

補助金の申請は手間がかかるイメージがありますが、小規模事業者持続化補助金は商工会議所や商工会がサポートしてくれます。
ある程度、経営戦略の方向性が固まっている方は申請書の記入方法だけサポートを受ければ十分でしょう。
例年の採択率は約50%と、そんなにハードルが高くないのも嬉しいですね。

現在は第2回目の申請を受け付けています(4月1日現在)。
今後発表されている申請は残り3回です。

  • 第1回受付締切:2020年3月31日(火)
  • 第2回受付締切:2020年6月5日(金)
  • 第3回受付締切:2020年10月2日(金)
  • 第4回受付締切:2021年2月5日(金)

スケジュールは変更になる可能性がありますので、検討される方は商工会議所または商工会に問い合わせてみてください。

小規模事業者持続化補助金のチラシはこちら


まとめ

補助金申請は難しい、手間がかかる、と敬遠される人もいらっしゃいますが、補助金を使って生産性が向上したという実績は数多く出ています。

申請するか悩まれている方はぜひ一度お問合せください。

+4